労働安全衛生活動の取組み

労働安全衛生活動の取組み

安心して働ける職場管理の整備に取り組んでおります

職員の労働安全の確保に努め、安全衛生関連法令などの遵守を徹底している当協会では、 衛生委員会による審議のもと、職員の危険防止および健康障害の防止に関わる基本的な対策を講じています。また定期的に職場を点検し、安心して働ける職場環境の整備に取り組んでいます。

メンタルヘルス対策
  • 社内イントラネットによりストレス診断・過労度チェックを実施。
  • 毎年、定期的にメンタルヘルス研修を実施。
過重労働対策
  • ノー残業デーを実施するとともに、職員自身や家族の誕生日、結婚記念日などをノー残業とするよう促進。
  • 月の残業時間上限基準を30時間に設定、促進。
労働災害対策
  • 当協会による「修繕工事に伴う安全管理研修」を実施。
  • 毎年、全職員を対象とした「安全運転管理研修」を実施。
労働災害の発生状況
区分 平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度
不休業災害 1件 2件 0件 0件
休業災害 0件 0件 0件 0件
死亡災害 0件 0件 0件 0件
職員の健康維持促進
  • 定期的な健康診断および女性のための婦人科検診を実施。
  • 連続休暇制度を定め、永年勤続者にはリフレッシュ休暇を提供。
  • ライフワークバランスを図るため、夏季連続休暇推進運動を実施。
  • 職員のコミュニケーションを図るため、毎年ボーリング大会を実施。